足の指のトラブル→浮指

みなさん、こんにちは!奥村です!!

 

足のトラブルはたくさんあります。外反母趾、足底腱膜炎、巻き爪、、、中でも痛みをあまり感じないトラブルもあります。

たとえば、、、『浮指』があります。

「浮き指」とは、立っている状態のときに、足の指にまで体重がかからず、浮いてしまっている状態のことを言います。

足裏のみに体重がのっていることになります。足の指先に体重がうまくのっていないということは、重心が後ろ側ということになります。

後ろに重心があると、バランスを保とうと、無意識に前に重心をおこうとするので、猫背のような姿勢になります。

そうすると、頭痛や肩こり、腰痛などの原因となってしまいます。

さらに、浮指だと、歩行の際の衝撃もうまく吸収できないため、膝や腰への衝撃も増大してしまいます。

成長時の子供への影響もあります。土踏まずのアーチの形成がうまくできなかったり、運動能力の低下などにも繋がる可能性もあります。

当院では、治療、矯正と共にインソールなども活用して改善を目指していきます。お困りの方は、気軽にご相談くださいませ。

関連記事

  1. 『早めのケアが大切!!』

  2. 日常生活でも起こる『肉離れ』

  3. 坐骨神経痛には、、、

  4. 『堅田湖族まつり』今年は・・・

  5. スタッフ紹介~猪~

  6. 寒い時期は腰痛に要注意。