テニス肘は、女性や主婦でも、気を付けて!

みなさん、こんにちは!奥村です!!

 

『テニス肘』正式名称は『外側上顆炎』といいます。

肘の外側の出っ張った骨の部分の炎症になります。

主婦の方や重たい荷物を持つ人、デスクワーク、家事が多い方や指先を使う方に多い印象です。

短橈側手根伸筋・長橈側手根伸筋の作用によりこの怪我が起きるのですが、原因は基本的に使いすぎや力の入れすぎになります。

フライパンを持ったり、デスクワークではキーボードを打つなど、手首、指先をよく使ってしまい炎症が起こってしまいます。

初期の段階だと比較的早く治りやすいですが、長い間、酷使した状態が続くなど、慢性化してしまうと良くなるまで時間がかかってしまいます。

マッサージに加え、ストレッチ、鍼治療を併用することで効果が増大します。

肘周りの痛みで、我慢されている方、一度、きむら整骨院へ、ご連絡ください。

関連記事

  1. 『びわ湖大花火大会』オススメ観覧場所は、、、

  2. 『頚肩腕症候群』と言われた方へ

  3. 熱中症にご注意!

  4. 地元紹介~長浜市~

  5. 『痛くない』鍼治療!

  6. 「24時間テレビ」の募金活動についてのご報告。