スポーツによるケガ!予防が大切!

みなさん、こんにちは!奥村です!!

 

成長期の子供たちが起こすケガの中には、予防できるものもあります。

成長期の子供たちは、骨が発達時期にあり完全な骨の形成がされておらず、やわらかい軟骨で形成されている部分があります。

その部分につながっている筋肉の発達や使いすぎが柔らかい軟骨に負担をかけてしまい、痛みや炎症を起こしてしまいます。

中でも膝のケガが圧倒的に多く、『オスグッド・シュラッター病』『ジャンパー膝』などが有名です。

『オスグッド・シュラッター病』は太ももの前の筋肉を使いすぎることによって、筋肉が骨に引っ付いている場所に負担がかかり引っ張られて痛みがでます。

『ジャンパー膝』は跳躍運動などで、膝蓋靭帯に炎症や痛みが出ます。

どちらも、予防が可能です。『太ももの前の筋肉のストレッチ』がとても大切になってきます。

痛くなる前から、予防のためにストレッチをすることは勿論のこと、今の時点で、すでに痛みがある方にも有効となります。

ストレッチの方法は、ぜひ当院まで、ご相談くださいませ。

関連記事

  1. 「眼精疲労」はご相談ください!!

  2. 『骨盤のゆがみ・姿勢・産後』ご相談ください!

  3. 交通事故の治療は、『大津市堅田のきむら整骨院』までご相談くだ…

  4. 『今年、1年ありがとうございました。』

  5. 壁掛けサーキュレーターを追加で、更に感染対策!!

  6. インナーマッスルを鍛えるメリット!