こどもの踵(かかと)の痛みは、しっかりとケアを!

みなさん、こんにちは!奥村です!!

 

スポーツをしているお子さんで『踵(かかと)が痛い!』と来院される子が増えています。

よく成長痛のひとつで済まされることもあるのですが、オスグッド病と同じく、『スポーツ障害』のひとつで、しっかりとケアを受けることが必要な疾患です。

『シーバー病』と言い、「踵骨骨端症(しょうこつこったんしょう)」とも言われています。

シーバー病は、サッカーや野球などスポーツをしている小学生に多く、10歳前後の特に男の子に多く見られます。

 

▶お子さんに、次のような症状がありませんか?

・運動のときだけ痛み、休むと治る。

・歩くとかかとが痛い。

・かかとから足裏が腫れている。

 

▶『シーバー病』になりやすいのは、、、

・男の子

・長距離を走る、ジャンプの多いスポーツをしている

・偏平足や足裏が固い

・ふくらはぎの筋肉やアキレス腱が固い

 

▶『シーバー病』は、「成長痛」とは違います

成長痛は、足裏全体の痛みや時間帯に関わらず痛みが出るのに対して、『シーバー病』は、かかとを中心に痛みがあり、動くときに痛みが強く出るのが特徴です。

 

▶『シーバー病』になってしまったら、、、

・アイシング(症状に合わせて)

・マッサージ

・ストレッチ

・インソール

・サポーター

・身体の使い方指導

・鍼灸

 

などなど、、、当院では患者さまの状態にあわせて、施術の提案をしていきます。

もし、お子さまが『踵(かかと)が痛い』といったら、一度、きむら整骨院へ、ご相談くださいませ。

関連記事

  1. 『あん摩マッサージ指圧師』

  2. もうすぐ・・・夏だっ!祭だっ!花火だ~!!

  3. サッカー選手に多い!グロインペイン症候群!!

  4. 「眼精疲労」はご相談ください!!

  5. 『からだの歪みの影響』

  6. 『骨盤のゆがみ』