『テーピング』は、効果あります!

みなさん、こんにちは!奥村です!!

 

スポーツをしない方には、馴染みがないかもしれません。。。『テーピング!』

テーピングは、解剖学的な構造および外傷・障害発生機転などに沿って身体の一部に粘着テープや伸縮性テープを貼ったり巻いたりすることです。

これにより、運動器をサポートし、外傷予防を行うことを目的としています。

 

【 テーピングの目的 】

▶外傷の予防:巻いた部位に外傷が起こらないようにするテーピング

▶応急処置:患部を固定し、安静に保つためのテーピング

▶再発の予防:以前外傷が起こった部位に再度同じように外傷が起こらないようにするテーピング

 

【 テーピングの効果 】

▶特定の関節の動きを制限する

▶圧迫する

▶痛みを和らげる

 

色んなテーピングの巻き方があり、さまざまな効果も期待できるテーピングは、スポーツ現場だけでなく、日常生活の中でも利用できる訳ですが、より症状に合わせた巻き方の方が効果的と言えます。

気になる方は一度、きむら整骨院へ、ご相談ください。

 

関連記事

  1. 「24時間テレビ」の募金活動についてのご報告。

  2. 「24時間テレビ」の募金活動についてのご報告。

  3. 『セーバー病』子どもの踵の痛み!

  4. 痛いとき、うずく時、こうすれば楽になるかも!!

  5. 「24時間テレビ」の募金活動に協力をしています。

  6. 『寝違え』