『クールダウンは意味ない?マッサージが効果的?』

みなさん、こんにちは!奥村です

 

今回は、昔からよく、スポーツ現場で行われているクールダウンについてです。

スポーツ現場に限らず、運動後に軽くウォーキングやジョギング、ストレッチなどをする状況を見たことがあると思います。

 

実はあれ、、、意味ないんです!

 

クールダウンって、運動後にたまった乳酸を、適度な運動によって、心臓に送り返してあげることで、疲労を早く解消しようという考えだとおもいます。

ただ、最近の研究結果によると、実は乳酸は、疲労を起こす悪者ではないと言われています。

 

つまり、昔からの認識で、クールダウンして乳酸を取りましょう!ということは、あんまり疲労解消には、意味がないということになります。

 

クールダウンは、むしろ、グリコーゲンの消費だけとなり、デメリットの方が高いということになります。

 

 

乳酸はともかく、血流促進は、疲労回復という点では、重要なポイントです。

 

最近の研究では、

▶マッサージ

▶栄養補給

▶睡眠

 

この3点が現実的に効果が高いといわれています。

 

なかなか習慣を変えることは難しいかもしれませんが、少しずつ切り替えて頂ければよいと思います。

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 11月3日は、『ビワイチの日』

  2. 冬に食べると温まる野菜

  3. 今日もしっかり!除菌!!

  4. 秋到来!

  5. ストレス発散!!!

  6. 健康とは!