「天気と関節の関係」

みなさん、こんにちは!奥村です!!

 

良く天気が悪いと、身体が重い、頭痛がする、関節が痛い、古傷が痛む、、、と聞いたことはありませんか??

それには、、気圧が大きく関係しています!!

関節は、ふだん、関節外から関節内に向かって圧力がかかっています。

天気が悪くなると気圧が下がります、そうすると関節の圧力が変化し

関節内から関節外に向かう圧力が大きくなります。

そうすると、日頃から常に負荷がかかり、

組織や構造が弱くなっている関節が痛くなりやすいということです!

天気がわるいときに、身体に痛みが出る方は、ぜひ、ご相談くださいね!

関連記事

  1. 【大津市在住65歳の方で、大津市フレイル予防事業無料体験クー…

  2. 『身体のゆがみ』

  3. 熱中症にはFIRE(ファイヤー)!?

  4. 『肩の痛み』

  5. 健康とは!

  6. 『抗体検査』を定期的に実施しています!